nooneelsesince2000

記事一覧(129)

紫外線のおはなし

紫外線にまつわるお話です。毎年夏にお伝えしている内容ですが、今年もご紹介させていただきます。 紫外線は4月から増えはじめ、5月〜9月にかけてはとくに紫外線量が多くなります。 
午前9時〜午後2時がとくにピークを迎えます。  太陽光には目に見えない「赤外線」と「紫外線」があります。 人体に影響を及ぼすのは「紫外線」です。  もう少し詳しく紫外線についてご説明します。 紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの三種類に分類されます。 【紫外線がおよぼす影響は?】 肌 ⇨ シワ、タルミ、シミ、ソバカスUV-A ・・・真皮に影響し、シワ、タルミの原因を作ります。肌が黒くなるのもこれのせいです。

UV-B ・・・メラニンを増やし、シミ、ソバカスの原因になります。お肌に炎症をおこします。 髪 ⇨ パサつき、弾力低下によりこしがない、カラーの色落ち、抜け毛

活性酸素が発生し、変色、色あせ、白髪の黄ばみにも大きく影響します。 【セルフケア】  なるべく紫外線防止グッズを取り入れることをお勧めします。 
・つばの広い帽子  ・サングラス  ・長袖を着る

・日傘  ・紫外線防止剤(クリーム、スプレー)

またリゾート地などで浴びる紫外線の量や強さは日常生活とは異なります。 シーンにあわせた紫外線防止用化粧品を選びましょう。  【食事によるUVケア 】紫外線があたると発生する老化原因物質の活性酸素は、抗酸化物質をとることで抑えることができます。  ビタミンA(βカロチン)👉  抗酸化作用で活性酸素を抑えることが出来ます。 
・トマト、にんじん、ほうれんそう、かぼちゃ など  ビタミンE 👉  血行を良くし、肌の新陳代謝を高めます。  ・ナッツ、ごま、アボカド  ビタミンC 👉  メラニン色素の過剰生成を抑えます。

・キウイフルーツ、イチゴ  美しさを保つためには、日々のケアがとても大切です。紫外線にまつわる美容情報は引き続き、シリーズとしてお伝えしていきます。